産褥体操の具体的なやり方、ポイントって?

産褥体操の具体的なやり方、ポイントって?

産褥体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。
継続することで健康維持に役立つでしょう)は出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)後の体調にもよりますが、出来れば産後1日目から始めて産後8週程度まで続けるのがいいと言われています。
産褥体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)の目的は、妊娠によっても変化した体の機能や体型をもとに戻すことにあるんですね。
ですから、ハードな体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。
真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)とは全然違い、取りあえず軽く体をほぐす体操から始めて、段々と内容を濃くしていってください。
もし、帝王切開など異常分娩だった場合は、お医者さんに相談の上で開始するようにして下さい。
体の機能や体型を回復するのが目的なのに、むしろ、それで体調を崩してしまったのでは元も子もありませんから。
まず、一日目は手軽に体をほぐすくらいです。
仰向けに寝た状態で腹式呼吸(息を吸うよりも吐く方に重点を置くのがポイントでしょう)をしながらお腹を膨らませたり凹ませたり、また、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)式呼吸で胸(昔から心はここにあると考えられてきました)を膨らませたり凹ませたりを5〜10回程度行います。
それから、起き上がって軽く首を前後左と右に曲げたり回したりします。
2日目には、もう少し体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。
芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)らしいことをします。
寝転んだままの状態で足の爪先を曲げたり伸ばしたり、左右に開閉を5〜十回程度繰り返した方がいいのです。
そして、寝転んだままの状態で頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)のみを持ち上げて、おヘソのあたりを見て元に戻すという軽い腹筋運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を5〜10回行うのです。
3日目には、寝た状態で真上に伸ばした両腕を降ろしたり上げたり、5〜十回繰り返します。
次に、両足を伸ばした状態で床に座り、片足をもう一方の足の向こう側へ置いて足を組むなさってくださいね。
その状態で上半身を左と右にひねり、足を組み替えて同じ動作を繰り返しましょう。
四日目には、寝た状態で両足を揃えたまま上げ下げします。
同じく、寝た状態で両足を立て、両足首が離れないようにしながら、膝のみを左右に開きます。
このようにして少しずつハードにしていきましょうが、くれぐれも無理をしないように行うのが最大のポイントといえると思います