対人恐怖症とあがり症の違いとは?

対人恐怖症とあがり症の違いとは?

対人恐怖症とあがり症はにているように思われますが、どこか違いはあるのでしょうか?基本としては、対人恐怖症はあがり症と同様に、神経症の一種とされていて、人との付き合いに異常なほどに緊張して、いろんな症状を引き起こしてしまうになります。
例えば、人前でご自身の考えを言うことができなくなったり、顔が赤くなる、人の視線が気になり物事に集中できなくなるなどなどの事です。
身体に異常があるわけではありませんので、通常であれば、経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)を積み苦手意識(高く持たないと成長できないといわれています)を克服することにより自然に治っていく場合がほとんどです。
でも、幾つかの症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を併発して重症化してしまうこともあるでしょう。
人との関わりを避けてようとするあまり、だんだん孤立化して社会的生活に大きな支障をきたしてしまう事態に陥ってしまう場合だってあります。
また、比較的軽い症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)のものをあがり症、社会的生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)に大きな支障をきたすほど重い症状のものを対人恐怖症と区別することがあります。
しかし、実際はハッキリと分けられるものではありません。
その根底にあるものは同じだからです。
対人恐怖症の問題点のひとつとして、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)に気付いてから専門の方のところで相談するまでに時間がかかり、何年も経過してからようやく診察に訪れる患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)が少なくないという事もあるらしいです。
治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が遅くなればそれだけ症状が重症化し、その上に他の病気を併発しやすくなってしまいます。
うつ病やアルコール依存症(男性よりも女性の方が少ない飲酒量でなってしまう恐れがあるでしょう)などがその一例なんですね。
早い段階での治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が回復への近道となっているんです。
ひとまず、克服するためには治療が必要な病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)なのだということを本人が理解して、早期に行動に移すことが大切なのようですね